伝わりやすいホームページの作り方

詰め込みすぎはNG!ページは3秒で理解できる内容に

企業やお店のサイトでよくある失敗例は、あれもこれもとひとつページに情報を詰め込みすぎること。魅力を伝えたい!という気持ちはわかるのですが、これって実は逆効果なんです。
だって考えても見てください。自分がネットサーフィンをするとき、そんなにページの隅々まで見たりしますか?しないですよね。大抵の場合、ぱっと見の雰囲気と単語で欲しい情報があるか判断して、なさそうなら次のサイトに飛ぶというのがほとんどだと思います。
あなたのサイトも同じです。だからサイトを作る際は、3秒で理解できるページ作りを心がけてください。
ポイントは、写真やイラストなどを使い、見ただけでわかるようにすることと、説明を書くときは箇条書きで、わかりやすい言葉を使うこと、それから伝えるものをひとつに絞ることです。
基本中の基本だけど、意外と出来てない会社が多いんですよね。ということは、今からこのポイントに沿ってサイトを作れば、他社より見やすく伝わりやすいホームページが作れるということ。
シンプルなサイトを作ることが、ライバルと差をつける第一歩になるのです。

お申し込みページはどこ?大事な情報は見やすい位置に!

上にある3つのポイントに沿ってシンプルなサイトが作れたら、もう1ステップ進んでみましょう。
次に大事なポイントは、来てくれた人が苛々しない構成になっているかどうかです。これはお店のホームページで考えるとわかりやすいかもしれません。例えば、電話番号や住所、営業時間などの大事な情報、あなたはこれをサイトの一番下に配置していませんか?この構成はあまりおすすめ出来ません。なぜなら、一番下までスクロールするのは結構な手間だからです。せっかくページの中身を読んでもらえるところまできたのに、そんなことで予約を逃してたらもったいないですよね。
それ以外にも、お申し込みページへのリンクが他の情報に埋もれていたり、トップページからしか予約ができなかったり、イベントカレンダーがどこにあるかわからなかったり、なんでこの情報が見つからないの?と、苛々してしまう構成になってるサイトは意外と多いもの。一度そういう感情を抱かせてしまったら、もうその人は二度と来てくれません。そんな悲しいことにならないためにも、大事な情報は一番わかりやすいところに配置して、どこのページからでも飛べるようにしておきましょう。